« フロンターレ対広島戦 大勝 | トップページ | 世間はみな走っている? »

2009.10.30

喉頭鏡

「喉頭鏡」は呼吸を補助するため気管にチューブを挿入するときにのどを見やすくするための道具。麻酔科やICU、救命救急、新生児科などでは日々必携のアイテムである。

Img_1079先日の勉強会のときに新生児科にいる若い女医さんに写真のようなペンダントを見せてもらった。鎖の先に付いているのが「喉頭鏡」しかも新生児用の「ストレートブレード」。これは彼女の自作なのだという。ミニチュア制作が趣味らしく、とても細かい作業でただただ感心するばかり。
そう言えば鶏の胸肉を使ってボタン電池による食道熱傷の発症モデルなんて実験を見せてもらった事もあり、細かいだけでなくアイデアウーマンなのである。
で、「喉頭鏡」で思い出したのだが、スミルノフ教授という麻酔科の偉い先生が
「喉頭鏡の素振り」という素晴らしいFlashアニメを作っておられる。
何年ぶりかで見直したが、時空を越えて今なお私の心で輝いております。

|

« フロンターレ対広島戦 大勝 | トップページ | 世間はみな走っている? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フロンターレ対広島戦 大勝 | トップページ | 世間はみな走っている? »