« 真田風雲録 | トップページ | フロンターレ対広島戦 大勝 »

2009.10.23

寿司の次郎長

先月、娘の誕生日ということで恒例の世田谷「寿司の次郎長」さんへ。このところおじゃまするのは年に2回くらいのペースになってしまっている。次郎長さんも休みが多いのでおあいこかも。

Jirocho1Jirocho2
6席のカウンターにわが家が4人。もう一人お客さんがいて、とある老舗料理屋さんの若旦那らしい。親父さんの手許を見学にきているとのこと。いや、見学だけでなくしっかり食べていたけれど。
お通しはウニとアワビの貝殻焼き。とても贅沢な一品である。運がよければありつけるのだが、この日は運がよかった。

Jirocho3Jirocho4中トロとカレイ。このサイズの握り加減がよい。次郎長さんに来るととにかく飲むより食べるになる。

Jirocho5
Jirrocho6アオリイカとコハダ。イカのこりこり感がよい。コハダというよりシンコか。


Jirocho7Jirocho8ウニはバフンウニ。これが売れ残ったときに貝殻焼きになる。私たちが行く前日には売れ残っていて欲しい。赤貝は全く臭みのない上物である。
行くととりあえず一通り頂いてしまうのだが、この日は酒をセーブしたおかげでとても快調に「食べる」事が出来た。いや、満足、満足。

|

« 真田風雲録 | トップページ | フロンターレ対広島戦 大勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真田風雲録 | トップページ | フロンターレ対広島戦 大勝 »