« バルセロナ市内 | トップページ | レアル・マドリード対ヘレス戦 »

2009.09.20

寝台特急

バルセロナからグラナダへ寝台特急で移動する。夜9時30分に出発、グラナダ到着は翌朝8時35分の予定。11時間の長旅である。走るホテルという名前がついているので、オリエント急行とまではいかなくても北斗星くらいの快適さ(乗ったことないけど)を期待したのだが、これがとてもハード一夜となる。

ツインの個室で一等と言うのだが、二段ベッドを降ろすとかろうじて人が通れるスペースが残るだけ。洗面台はあるがシャワーは使えない。特等室はシャワーが使えるそうだ。
12時過ぎまで食堂車で宴会してベッドにもぐりこむが、揺れがひどくてなかなか眠れない。外は真っ暗で景色も見えず、うとうとしたと思ってもがたんと大揺れして目が覚める。二階は特にきつい。
インターネットも繋がらず、ネット中毒の身としては持ち込んだ寝酒のウイスキーで酔っぱらうしかない。
朝7時、まだ外はまだ暗いのだがベッドをたたんで椅子席に。顔を洗って、ひげを剃って降りる準備を始める。8時、列車が止まる。車掌がルームキーの回収に来る。何やら言っているが意味不明。
外を見ると駅のようで、Granadaと書いてある。35分も早く着いていたのだ。スペインでは延着は普通だと聞いていたが35分の早着は珍しい。とにかく降りる準備ができていない、
Img_2342_2Img_2372朝食を済ませてバスでアルハンブラ宮殿へ。2万歩は確実に歩いたと思う。
グラナダ駅に戻って再び在来線でセビリアへ向かう。今度は30分の延着。プラスマイナスゼロである。
夕食を中華料理やでとって、ホテル到着は10時。
セビリアのホテルはバルセロナで泊まったところと違ってちゃんとしているようだ。
Wi-Fiは使えるが、1時間2ユーロか12時間6ユーロの2コースだという。12時間コースを選択して、スポニチのJリーグ速報をチェック。鹿島もマリノスに1:2で負けているが、フロンターレは浦和に0:2の完敗ではないか。清水、広島に抜かれて4位。鹿島戦の残り20分の試合を勝ちきれば清水と並ぶか上に行くとはいえ、せっかく鹿島が負けてくれているのに、これはマズイっしょ。
で、セビリアの朝である。昼まで自由時間ということで、これから街の中を走りに行こうと思う。
まだ暗いのだけれど。
散髪にでもと思ったがセビリアに理髪師はいないのだそうだ。

|

« バルセロナ市内 | トップページ | レアル・マドリード対ヘレス戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バルセロナ市内 | トップページ | レアル・マドリード対ヘレス戦 »