« 箱根のローストビーフ | トップページ | 寿し長 »

2009.07.29

ナビスコ鹿島戦勝った!

市役所での会議が5時前まであったので、そのまま等々力へ直行。キックオフまでだいぶ時間があるので、靴を履き替えて公園の中を走る。あっという間に汗が噴き出る。3連戦の真ん中。3日前に京都に負けているのでここでまた負けるとずるずる泥沼と言うことにもなりかねない。捨て試合でもいいと思った前言は撤回。頑張ってもらわねば。

Img_0707Img_0713スタジアム近くのレストハウスで天ぷらうどんを食べてから中に入る。ここの天ぷらは注文を聞いてからあげる。それはいいのだが、おつゆのからさは何とかならないか。関西人でなくてもこれはきついと思うぞ。
スタメンFWは矢島、ジュニ、山岸。菊池が戻ったがあとは京都戦から大きな変更はない。
とにかく2点差をつけて勝たねばならない。前半は川島のファインセーブで何度も助けられ、矢島は絶好機を外し、憲剛のミドルも曽ヶ端に阻まれる。一進一退、互角の展開で終わる。前半ゼロゼロは一応想定内。とにかく1点でも取られたら3点取らないと勝てないという試合なのだ。
後半に入ってもなかなか鹿島のDFを崩せない。お互いそこそこの好機は作るのが決定打が出ない。ジュニーニョの突破は素晴らしいのだが枠をとらえたシュートにならない。
そのジュニーニョがもうダメかと思って席を立ちかけたロスタイムの4分に、相手DFと正対したにらみ合いの中でさっとボールを右に動かして多分トゥキックだろう。ほとんど角度のないところのわずかなすき間にボールをねじ込んだ。スタンドは総立ち。すごいシュートだった。やられたGK曽ヶ端は呆然と立ちつくしている。これで延長戦。
こうなったら追いついた方が強い。ジュニーニョからのクロスに後半から入ったレナチーニョが走り込んでヘッドであわして勝ち越し。さらにこれまた後半投入のテセがDFをかわしてクリーンシュート。
3:0となって勝負あり。あと10分というところで菊池がマルキーニョスを後ろから倒して一発レッドで退場となったが、FKのピンチもしのぎきって逃げ切った。
ドラマチックなゲームだった。アウェイ新潟戦でも同点に追いつく個人技のシュートだったし、ジュニーニョ様々だなあ。
欲を言うなら、それまでの山のようなチャンスの一つを決めておいてくれたらなあというところか。


|

« 箱根のローストビーフ | トップページ | 寿し長 »

コメント

今回も携帯をチェックしていて諦めかけていたら,後半44分で同点・・・これってロスタイム?
で,慌てて帰宅しましたがCS以外に中継無し!
iPodTouchでYahooスポーツをチェックするたびに得点が増えて狂喜乱舞しました.
これでベスト4ですが,今度こそ優勝してもらいたいです.どうしても「つかみ所の無い」チームなので非常に心配ですね.次は何をやらかしてくれるやら・・・

投稿: 某病理医 | 2009.07.30 14:11

携帯でチェックはまだるっこしいですよねえ。明日の多摩川クラシコは携帯チェックとなります。でもモバイルフロンターレはiPhoneでは見れないのです。そのため別途ドコモの携帯を持って行くことになります(苦笑)。

投稿: 院長 | 2009.08.01 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 箱根のローストビーフ | トップページ | 寿し長 »