« 高津駅周辺ランチ事情 | トップページ | 箱根のローストビーフ »

2009.07.26

痛い負け、対京都戦

週末旅行の箱根から帰宅。フロンターレのアウェイ対京都戦をスカパー!観戦するために某所へ。
このくそ暑い中、温泉帰りのおっさんがテレビで応援しても御利益はありまへん。

テレビの前にたどり着いたのが前半10分。すでに1:0でリード。矢島のヘッドだとアナウンサーが伝えている。矢島、レナチーニョの2トップで憲剛とヴィトールがその下という感じか。ジュニーニョはベンチスタート。テセはお休み。
すでに1点は取っていたものの、そのまま圧勝する気配はない。それどころか、京都にあわやのチャンスを何度も作られる。
シミュレーションを取ってもいいような微妙な判定でPK。同点に追いつかれる。それでもゲームは支配していたのではないか。ただ決定機に最後のとどめが刺せない。
後半開始早々に左サイドでうまく回されて、最後はMF安藤にきれいなミドルを決められる。失点した時間が浅かったのでジュニーニョが出てきて何とかなるかと思ったがとんでもない。ジュニーニョはチャンスも作るしシュートも打つ。だが、どれも決まらない。結局相手に3点目を決められる。それでもまだ時間はあった。しかし、スタミナは残っていなかった。動きが落ちて相手にうまく時計を進められた。
1:3の完敗。
この暑さの中、7日間で3試合というクレイジーな日程の緒戦だった。
この間リーグ戦では3試合引き分け、ナビスコで負け。調子が落ちていることは確か。
それでこの日程なのだから、3つ全部勝ちに行くという気持ちは大切だが、メリハリはつけるべきではないか。そう言う意味では、今夜の京都戦は一番勝てそうで、一番勝たなくてはいけない試合だったように思う。ジュニーニョが出られるのだったらスタメンではないかな・・・と。
水曜日のナビスコ鹿島戦は2点差つけないと勝てない。しかも鹿島に勝って決勝まで進んで優勝しても、あまりメリットは大きくない。パシフィックなんたらというあまり聞いたこともない国際大会に引っ張り出されてシーズン前のキャンプを棒に振った大分の二の舞になりかねない。
そう言うことを考えると、前節から1週間空いた今日の試合が大事だったなと悔やまれるのである。
土曜日のFC東京戦はかなりきびしいことになりそうで、絶対等々力に行って応援したい。ところが、急病センターの準夜当番なのだ。
誰か代わってくれないかなあ(哀願)。

|

« 高津駅周辺ランチ事情 | トップページ | 箱根のローストビーフ »

コメント

外出先から携帯で経過を見てビックリしました.
先の神戸戦といい,明らかに格下相手に勝ち点を
取れないようでは優勝どころか,上位進出すら危険
です.
それにしても,ここまで勝てないのに常位との点差が
それほど開かないのは,まだ運があるのかもしれま
せん.
自分はナビスコはどうでも良いと半ば諦めていますが,
多摩川クラシコには是が非でも勝手もらいたいと思って
います.

投稿: 某病理医 | 2009.07.27 13:42

多摩川クラシコは力が入るのですが、テレビ観戦すらできないのが辛いところ。
ナビスコはしっかり間に合いそうなので、応援してきます。できれば、ここでボロボロにならいでいて欲しいですね。

投稿: 院長 | 2009.07.28 01:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高津駅周辺ランチ事情 | トップページ | 箱根のローストビーフ »