« iPhone3GSはNIKE+iPodレシーバー内蔵 | トップページ | 対神戸戦ドロー »

2009.07.16

ナビスコ杯アウェイ鹿島戦

イッツコムがナビスコ杯準々決勝のフロンターレ対鹿島戦の中継放送をした(買い取りだけど)。それでこそ地元メディアである。まあ、スカパー!でも観られたのだが・・・

リーグ戦で10人になった鹿島に負けに等しい引き分けに持ち込まれたのは10日前。
何としてもここは勝ちに行きたいところ。最低でもアウェイゴールを取っておきたい。
森勇介がこの前の試合のナニで2試合の出場停止。代わりに久木野がSBに入る変則フォーメーションでスタート。FWはテセとジュニーニョが先発。出場停止明けのテセと好調のジュニーニョで何とか点を取ってくれるかと思ったが、なかなか鹿島の堅守は崩せない。コーナーキックを連発して、思い通りの折り返しができても点に結びつかない。
テセのヘッド、憲剛のFKなどあわやというシーンは何度かあったが、点を取ったのは鹿島。内田のロングスローがうまい具合にバウンドするところに小笠原が飛び込んで決勝点を奪われた。
肝心の所で点が取れないのである。チャンスはフロンターレの方が多かったのに。
セパハン戦でのPK負け、ナビスコ決勝でガンバ安田にやられたシーン、天皇杯準決勝で本山にパコーンと入れられたシーンなど、悔しいシーンがよみがえる。
後半のホーム戦では1−0だと延長戦、2−0で勝ち。1点でも取られたら3点以上取らないと勝てない。もうばかすか行くしかないのだ。
今週末は我那覇が神戸の一員として帰ってくる。大久保もいる。そう簡単には勝たせてはもらえないだろう。

|

« iPhone3GSはNIKE+iPodレシーバー内蔵 | トップページ | 対神戸戦ドロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone3GSはNIKE+iPodレシーバー内蔵 | トップページ | 対神戸戦ドロー »