« iPhone 3GS | トップページ | 判定 »

2009.07.05

鹿島戦無念のドロー

気分としては完全に負け。タイムアップの瞬間、まわりのアントラーズファンは勝ったかのような大歓声だった。

20090705todoroki120090705todoroki2首位鹿島との大事な一戦。ともに連勝を続けている。こちらの盛り上がりも相当なもので浦和戦なみの混雑が予想された。1時間前だとひょっとして駐車場に入れないかも、と思っていたがその通り。すでに臨時駐車場は満杯。ミュージアム前の駐車場もずらりと並んでいる。この待ち列にはいると途中で抜けることができなくなる。
ということで、いっしょにフロンターレユニを着てきたカミさんはそのまま帰るという。お付き合いできたということなので全く残念な様子はない。ま、仕方ない。
S席アウェイ側キックオフ30分前でほぼ満席の状態。でも一人ならどこかに潜り込める。ただまわりは赤シャツの連中が多い。
ゲームはどちらもしっかりと守備を固めて一進一退。前半はフロンターレの方がやや押し気味。ジュニーニョのクロスを谷口がヘディングシュート。ゴール内に戻っていた内田が手に当ててクリアしたということで一発レッド&PK。ウッチーはペットボトルを投げ飛ばして退場。そういうことすると、レッド2枚になるよ。ジュニーニョが決めて先制。これで鹿島は10人。前半はそのまま終了。
後半に入っても試合のペースはフロンターレ。じっくり時計を進めればよい。前半でイエローをもらったテセを早めに黒津にかえて10人の相手に万全の体勢。ところがここで大きなミスがでる。後方でゆっくり回していたボールをマルキーニョスにかっさらわれて興梠に。興梠は川島をかわして角度のないところから確実にゴール。これで同点。鹿島としてはこれで引き分ければ勝ちも同然。我慢して残していた本山、マルキーニョスを下げて守備固めに入る。フロンターレも矢島を入れてスリートップで決勝点を狙いに行くが、この展開では相手が10人でも分が悪い。
あともう少しのシュートは放つが決定機はつかめないまま試合終了となった。
考えてみると、今日の試合、引き分けという可能性は頭になかったなあ。勝つか負けるかどちらかだと思っていた。
何となくJリーグ世論(そんなものあるとすればだが)は鹿島が優勝するにしろこのままどんどん突っ走るのは困るよねえ、というもの。それからすると、この引き分けはどうなんだろう。
2位争いが面白くなったということではあるのだが。
次節は同率2位の新潟戦。しかも勝ったことがないアウェイ。
この日は井の頭公園で新宿梁山泊の「ベンガルの虎」を観に行くことになっているので、リアルタイム観戦はできない。なんか、心配である。

|

« iPhone 3GS | トップページ | 判定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone 3GS | トップページ | 判定 »