« フロンーターレ対山形戦 | トップページ | 対ガンバ戦連勝 »

2009.06.29

Infusin(アンフュージョン)

桜新町サザエさん通りにこの2月にオープンしたフレンチ「Infusion」へ。
開店して4ヶ月経つがこの店がフレンチレストランであることについ最近まで気づかなかった。

Infusion1Infusion2玉川高島屋の南館にあったフレンチが引っ越してきたとのことだった。ちなみに、高島屋時代のお店は知らない。
基本的にはプリフィクスのコース。<メニューA>が3900円。<メニューB>が7800円。他に<初夏の季節を感じるコース>が6300円と本格フレンチとしてはお手頃。
<メニューA>はアミューズ、前菜、スープ又はお魚料理、メイン料理、デザート、コーヒー又は紅茶又はハーブティー、小菓子。
アミューズはイカ。こりこりした食感。
前菜はチョイスで本日特別入荷という岩牡蠣。これはプラス650円。カミさんは「全国から届いた10種類の有機野菜と鮮魚のマリネ バジルの香り黒オリーブソース」他にも鮎の燻製とクスクスのサラダや、有機野菜のテリーヌと岩手清流鶏ささみの炭火焼きとか、とにかく長いメニュー名のお皿がたくさん。
Infusion3Infusion4スープか魚料理を選ぶというのがちょっと珍しい構成だが、カミさんはアイナメのグリル(プラス1600円)、私は素直にスープをチョイス。

Inhusion5メインはカミさんが「バルバリー種仔鴨のロースト 蜂蜜と白ごま風味 グレープフルーツの香る赤ワインソース」(写真撮り忘れ)私は写真の「上品な交雑牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ風 温野菜添え」(プラス1500円)。とろけるフォアグラが美味。肉もジューシィ。
チョイスでプラスアルファのある皿を選ぶと高い方のコースと変わらなくなるが、基本的にはお得な値段設定。
メニューの名前にはいろいろ突っ込みどころがあるのだがそれはご愛敬か。それにしても「上品な交雑牛」というのはいったい何。(いや、「上品な」は「交雑牛フィレ肉と・・・」以下全部にかかるのはわかっております。)

|

« フロンーターレ対山形戦 | トップページ | 対ガンバ戦連勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フロンーターレ対山形戦 | トップページ | 対ガンバ戦連勝 »