« チンパンジーの森 | トップページ | 起動しないIntel iMacのその後 »

2009.05.31

キリン杯対ベルギー戦

主力を欠いたチリに大勝した後は、そのチリと引き分けたベルギーとの対戦。ベルギーは中1日での試合。世界ランクも低くく、日韓W杯で引き分けた時のあのベルギーとはだいぶ違うようだ。日本はほぼベストメンバーが揃った。

前回と同様憲剛はトップ下で先発。俊輔のダミーではないのだ。北京五輪での谷口と同じでフロンターレのダブルボランチは代表に来たらトップ下。それだけ攻撃力があるということだな。
そのトップ下憲剛がヘディングで飛び込む。惜しくも点にはならなかったが、ゴールの予感は充分。左サイドを上がってきた長友に絶妙なパスを出して1点目。
その次はトラップ一発で相手DFをかわして右足のシュートがきれいに決まって2点目。
後半途中で余裕の交代をしたが、どうやらレギュラーポジションは確実。
日本代表は後半も岡崎、矢野の2発でこれまた4点の圧勝となった。
なんか、拍子抜けするくらいの完勝。ちょっと相手に不足ありだったのかな。

|

« チンパンジーの森 | トップページ | 起動しないIntel iMacのその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チンパンジーの森 | トップページ | 起動しないIntel iMacのその後 »