« ブレヒトは今も「今日的」か | トップページ | ACL 対セントラルコースト戦 »

2009.04.19

奈良で小児科学会

奈良で開かれた小児科学会に出る。
学会でのお勉強はさておき、とても盛りだくさんな時間を過ごした。

Yosikawatei1 Yosikawatei2土曜日朝学会会場にむかう前にJR王寺駅近くの司法書士事務所へ。母の一周忌も終わったので、相続登記をすることにした。司法書士さんは小学校の何年か先輩である。
わが家のこともよくご存じなので、すべてお任かせということで書類を預け、学会会場へ。

山中先生の事故予防のシンポジウムを聴いてから一人で昼食。東向き北通りの書店「豊住」へ。少し場所が変わってような気がしたが気のせいだろうか。本の品揃えも昔の面影はない。
書店近くの「よしかわ亭」という、30年ほど前にタイムスリップするような洋食屋さんでランチ。「ビフカツ」が2000円。これは当たり。細かなパン粉をまぶしてあげたカツをサクッと切ると分厚いミディアムレアのビーフから肉汁がしたたる。
出てきたコーヒーのカップが30年ほど間に実家で使っていたものと同じ。うーむ、それだけでも懐かしい。
Shusendou_2 Shusendou_3 懐かしの喫茶「黄色いにんじん」へ行ってみると、お店は閉まっている。見たところだいぶ前から閉まっている気配。隣の地下の映画館は廃業してテナント募集の看板。うーむ。
ここは奈良に戻っている中高の時からの友人のヤマダ君を呼んでみるかと電話してみる。速攻で自転車に乗って現れた。ヒマこいているようだ。
ヤマダ君が生まれ育った奈良町のお店を紹介してもらう。
懇意にしているという「酒仙堂」という古本屋さんに上がり込む。どうも昼日中から怪しげなおっさんたちが溜まっている不思議な店である。書架の奥の座敷というか物置みたいなところでお茶を頂く。お茶じゃなくて酒でもよいらしい。
例によってヤマダ君は浮見堂を舞台にして平家物語を題材にした芝居をやりたいなどというちょっと現実離れしたことを言い出している。「自己の主観的願望を客観的現実に投影する」難儀な友人ではあるのだが、やれたらいいなと思う。
Edosan Kameya 商工会議所の会議室で「VPDを知って、子どもを守ろう」の会の総会があり出席。
終わったところで奈良公園内にある料亭「江戸三」へ。
生駒で開業しておられる医局の先輩が奈良の学会のために一席設けてくださったのである。学生時代何度もこの下の道を通っていたのだがこんな料亭があるとは知らなかった。公園内に離れが点在して超セレブな料亭であった。
Shasinbijutukan Shibahu 翌日は学会に出席したあと昼から数名の友人を案内して奈良散策のハイキングへ。
春日大社→ささやきの小径→新薬師寺→入江泰造記念写真美術館→芝生になった母校のサッカーコート→奈良町→お好み焼き「かめや」という順路でとことこ歩く。
お付き合いいただいた皆様には感謝。

|

« ブレヒトは今も「今日的」か | トップページ | ACL 対セントラルコースト戦 »

コメント

電話してくれて、ありがとう。コメントは、僕のページのほうに書きました。

投稿: 山田陽一 | 2009.04.20 08:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブレヒトは今も「今日的」か | トップページ | ACL 対セントラルコースト戦 »