« 肉1.5倍 | トップページ | 明日から北京・天津 »

2009.04.28

「郵便局はどこですか?」

連休の北京・天津アウェイツアーの出発が迫ってきた。少しは中国語の勉強でもしておかなくてはと思いつつだらだらと今日に至る。こういう性根はいくつになっても治らないものだ。

Oniumaとりあえず中国語の電子辞書でも見てみようと昼休みにコジマへ。ついでに隣の「鬼うまラーメン」で昼食。半チャーハンをつけたのが間違いのもと。少々胃もたれ。
中国語の電子辞書は1機種をのぞいてみな「お取り寄せ」。在庫があったのはカシオの上位機種で値引きして45000円くらいという。「お取り寄せ」だと連休明けだと。これはダメだ。
戻ってネットで中国語翻訳ソフトを探すことにする。ニンテンドーDSで「タッチdeニーハオ筆談君」というのがある。とりあえず今求めている最適アプリのようである。Amazonから即発注。3163円。で明後日には到着予定。使い物になるかどうかはわからないが、まあ何とかなるでしょう。
iPhoneの翻訳アプリも物色。
有料、無料いろいろ。高くても600円くらいなので、3種類ダウンロードする。
「Lingopalおもしろフレーズ集」というのは、いろんなシチュエーションでありがちな会話を表示するか発声するかしてくれる。
「・・・はどこですか」という項目
「郵便局はどこですか」・・・懐かしいタモリのギャグではないですか。「ヤオビンキョクァードクゥオ」と発音するかと思ったが違いましたね。やっぱし。
それにしても「赤線地区はどこですか」というのはマズイだろう。いくら何でも。
「ナンパ」というカテゴリーもあるけど、このアプリでは双方向のコミュニケーションはとれない。ナンパは無理なんじゃないか。どうも受け狙いの冗談アプリに近いのかも知れない。
「Language Translater」というのはGoogleの翻訳機能を使うのでアプリは軽いが中国の路上で繋がるとは思えない。無料と言うことで一応ダウンロード。
「iPocketTranlater」簡単な言葉が逐次訳される。一見使えそうにみえたがちゃんと正しく訳されているのかこちらにはわからない。これを使うのはなかなかの冒険である。
結局一番頼りになりそうなのは「タッチdeニーハオ筆談君」なのかな。

|

« 肉1.5倍 | トップページ | 明日から北京・天津 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肉1.5倍 | トップページ | 明日から北京・天津 »