« ACL 対浦項スティーラーズ戦 | トップページ | 納骨 »

2009.03.20

おくりびと

Amazonで本を注文したときに映画「おくりびと」のDVD予約もついクリックしてしまった。ちょうどアカデミー賞受賞で大騒ぎしていたころである。たぶん映画館に行ってまでは観ない、WOWOWに来たら見ようかなくらいの気持ちだったのだが、Amazonは商売上手。

3月17日発売ということで翌日に届いた。
脳幹死・・・ATOKで「のうかんし」を変換したらこれが出た。医学辞書のおかげであろう。
納棺師という職業はこの映画が騒がれて初めて知った。
明日は母の一周忌で奈良に帰るのだが、母の葬儀で納棺師を頼むことはなかった。すべては葬儀屋さんの領分で、独立した仕事ではなかったような。
父の時も家内の両親のときも同じだった。奈良では職業的に独立していのだろう。
で、映画だけれど、受賞が決まったあとの絶賛の嵐とはちょっと違うなという印象。原作とされる本の作者が「原作」とされることを拒んだという話だが、何となくわかるような気がする。
カメラワークはきれい。「はなれ瞽女おりん」を思い出した。この辺は外国受けするのだろうなと思った。

|

« ACL 対浦項スティーラーズ戦 | トップページ | 納骨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ACL 対浦項スティーラーズ戦 | トップページ | 納骨 »