« のらぼう | トップページ | 多飲多尿・体重減少 »

2009.03.15

多摩川リバーサイド駅伝'09

川崎市小児科医会で駅伝チームを作って2年目の参加。メンバーは昨年同様男女混成で5名。ちなみに5人中4人は東京マラソンに申し込んで4人とも抽選でアウト。

Tamaekiden昭和記念公園の駅伝などに比べるとこじんまりした大会だが、それでも河川敷の陸上競技場は人の波。ランニングブームだと言うが、確かにその通り。若い女性も多い。この大会の特徴は中学生、高校生の部があること。陸上部のユニフォームも目立つ。
昨年同様1走は中原区のW先生。サブスリーを目指して日夜励んでいる若手のホープ。10kmを40分以内で走りきらないとサブスリーは難しい。40分切りを宣言してスタートしたが、41分ちょいでたすきを渡した。
2走5kmのK先生は医師会の公衆衛生委員会の委員長。地道に走っているようで目標は25分切り。バルサのユニフォームで走っていたが、リレーゾーンの混雑でタイムは計れずじまい。
3走3kmのM先生は女医さんで保健所長。ウルトラも走る、ウルトラの母である。18分を目標にスタート。この頃になるとリレーゾーンは混雑でぐちゃぐちゃ。リレーゾーンが全区同じ場所なので同時に入ってくるランナーが多すぎて、ゼッケンの読み上げが間に合わない。アナウンスを聞いていただけではわからないので、大勢の走者が待機ゾーンからコースに入り込んで、コースは一人が通ればやっとの状態になってしまっている。
それでも大会係員は何もしないでその状態を放置している。ゼッケンの読み上げができていないので仕方ないのだ。たすきを渡す相手が見つからない走者はリレーゾーンの台にのぼってマイクを借りて叫んでいる。「○○チーム3走の××さ〜ん、いますかあ」。
そんな中、何とかM先生を発見してたすきを受け取って4走3kmを走る。たかが3km、されど3km。
駅伝なのだからキロ5分は切りたい。とりあえずストップウォッチは押して走り出す。
1kmの表示は見落とし。足より呼吸が苦しい走りは昨年の駅伝以来。2kmの表示を発見。9分40秒。おっ、キロ5分は切っている。このまま行ってしまえ。呼吸は苦しいが何とかそのペースで走り切れそう。カーブを曲がってリレーゾーンに入る。5走のM先生が見えない。リレーゾーンは人の山。その中に飛び込んでM先生を捜す。こりゃ、マイクを借りるしかないかと思ったところで人だかりの向こうにM先生の姿を発見。人をかき分けてたすきを渡す。やれやれと思ってチップ回収ゾーンでチップを外しているところでストップウォッチを止めていないことに気づいた。ということで今日の所はタイムは不明。後日送られて来るのを楽しみしておこう。
アンカーのM先生は順調に5km25分を切ってゴールしたようだ。
あんころ餅で打ち上げをしてその場で解散。このチームには「打ち上げ」という風習がないのだ。
せっかく走りに来て3kmだけというのもナニなので、走って帰ることにする。時間は中途半端な3時前。食べ物屋さんはだいたい「準備中」。駅ナカなら大丈夫だろうと、武蔵小杉の駅ナカで讃岐うどんを食べることにする。讃岐うどんまではよかったのだが、メニューに酒類が無い。東京駅の駅ナカでは甕だし紹興酒まであったのに。無念。
ビールは帰ってからのお楽しみと言うことに。

|

« のらぼう | トップページ | 多飲多尿・体重減少 »

コメント

そば屋にはお酒おいてありますけど
うどん屋にはないんですかねえ

投稿: tyu | 2009.03.18 21:40

うどん屋といっても駅の中のうどん屋ですからね。立ち食いではないので、缶ビールくらいあってもいいのにとは思いますね。

投稿: 院長 | 2009.03.19 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のらぼう | トップページ | 多飲多尿・体重減少 »