« 東京の坂と階段を走る | トップページ | そして青梅 »

2009.02.12

中春こまわり君

「坂フェチ」NさんのMixiのレビューで山上たつひこの新刊書を知る。Nさんは私より10歳若いのだが、「がきデカ」をリアルタイムで読んでいたという。中学生だったらしい。中学生だったらはまるか。

速攻でAmazonをクリック、翌日には届く。便利な世の中になったものだ。ついでに「がきデカ」のベストリミックスも購入。
こまわり君が中年になった時の話である。読んで思いだしたが、ビッグコミックでこのうちの何編かは読んだ。
こまわり君も中年になると世間の風と対峙しなくてはいけなくなる。これがなかなか辛い。
西城君とモモちゃんは結婚しているし、ジュンちゃんは変なじじいの介護疲れ、名犬栃の嵐は病の床にある。
「がきデカ」の後日談としてとても面白く読んだ。漫画を「買う」のは本当に久しぶり。山上たつひこはやはり漫画の人なのである。

|

« 東京の坂と階段を走る | トップページ | そして青梅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京の坂と階段を走る | トップページ | そして青梅 »