« 情動失禁 | トップページ | 長野日帰り »

2009.02.28

マッスルミュージカル

以前から一度観に行かなくてはと思いながら行けなかったマッスルミュージカル。ついに念願かなって渋谷のマッスルシアターへ。

台詞も歌も筋書きといえるようなものもない。ひたすら、肉体の躍動。ヒトの体というのはこんな事ができるんだという新鮮な感動である。
なんと言っても全員が運動神経抜群である。バック転はできて当たり前。体育会系の演劇部というところか。それに体型がすごい。男も女もみなくっきりと腹筋が割れている。体脂肪率は全員10%以下ではなかろうか。
筋肉から音を出し、それがハモってミュージカルになる。この迫力は素晴らしい。
モンスターボックスはてっきり池谷さんが跳ぶと思っていたら、若い人が難なく跳んだ。もう新旧交代ということなのだろうか。
いま言葉の演劇といったら三谷幸喜だと思うのだが、肉体の演劇といったらマッスルミュージカルである。台詞も歌もない演劇というと暗黒舞踏を思い出すのだが、こちらは訳がわからずじまいだったなあ。

|

« 情動失禁 | トップページ | 長野日帰り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 情動失禁 | トップページ | 長野日帰り »