« 青梅轟沈 | トップページ | 20世紀のはじまり ピカソとクレー の生きた時代 »

2009.02.21

青梅その後

青梅で25KM関門タッチアウトとなって、もうマラソンはやめようと思ったかというとそうでもない。
なんと言っても、翌日も、翌々日も適度な筋肉痛はあるものの大丈夫。身体が燃え尽きていたわけではない。

加齢による体力低下はどうしても避けられないが、運動していないと低下速度に拍車がかかる。私の場合、もともと基礎体力として走力があったわけではない。それでもマラソンでそこそこの記録を残せたのはひとえに「走っていた」からである。努力の人なんだな、うん。それが努力をやめたら坂道を転げる石となる。転がる医師であっても、転がる石であってはならぬ。少々遅いかもしれないが、少しがんばってみようと思った。
せめて週に2日は走ろう。
と言うことで、先日水曜日に走ってみた。久しぶりにストップウォッチをつけて公園を周回した。やはりキロ7分ペースがきついというのは情けない。せめてキロ6分が普通の走りというレベルまではもっていきたい。スピードを意識して走る。
駒沢公園1周が2140m。これを3周してみる。1周目13分50秒、2周目13分20秒、3周目12分50秒・・・3周目でやっとキロ6分となる。そうか、そういうことか、これはきつい。
キロ6分をジョグ感覚で走れるようにならないといかんのだろうな。
と、そんなことを思いながら、明日も走ってみようという気持ちがわいている。
今日はどうだって?
今日の昼はランチの会があって、シャンペンで乾杯して、赤ワインは口をつけた程度でゴックンはしてないのだが、どういうわけかろれつが・・・走るどころではない。

|

« 青梅轟沈 | トップページ | 20世紀のはじまり ピカソとクレー の生きた時代 »

コメント

青梅での奮闘、ご苦労様でした。
逃げずに戦った先生に拍手ですangry
きらきらの栄光の日々、そして現実・・・努力して勝ち取る明るい未来・・・今後の展開が楽しみです。

投稿: 山猿 | 2009.02.22 11:58

偶然にも私も家の近くの2キロ周回コースをタイム取りながら
走ってました。
同じ時期にボストンマラソン参加タイムを取ったがたろさんの
復活信じてます。
来年は一緒に青梅走りましょうか?

投稿: にのぶ | 2009.02.23 22:29

山猿さん にのぶさん
それから、遅れましたが、ピカピカままさん

激励ありがとうござりまする。

来年は、そう、青梅でリベンジしましょう。
んでもって、東京マラソンに当たって、こっちも返り討ちを喰らわせてやりましょう。

ボストンマラソンも抽選なら返り討ちのチャンスがあるのですが、残念です。

投稿: 院長 | 2009.02.23 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青梅轟沈 | トップページ | 20世紀のはじまり ピカソとクレー の生きた時代 »