« そして青梅 | トップページ | 青梅その後 »

2009.02.15

青梅轟沈

青梅マラソンより帰宅。まさかの関門に引っかかってしまい、25kmで収容者の人となる。
「そして青梅」の2番の替え歌を考えながら走ったのがいけなっかたのかもしれない。

スタート地点を通過するまでに9分あまり。これは相当のハンディになるなと思う。こんなスタート位置にもかかわらず周りは私のペースより早い。ずるずると後退していく。
最初の5kmは32分。足に鉛が入ったように重い。それでもキロ7分ペースには3分の貯金、このペースでで前半に貯金できればなんとか制限時間内にゴールできるかもしれない。
次の5km。ふつうはこの5kmが一番速くなるのだが、ほぼ同じペース。でもキロ7分貯金は積み増しできた。
折り返し地点を含む5km。上り坂が効いたのか、キロ7分超の37分。これはやばいと思ったらとたんに足に来はじめる。19kmあたりで走れなくなる。上り坂はすべて歩き。
24km地点で、「1km先の関門はあと5分で閉鎖されます。お急ぎ下さい。」というアナウンス。キロ5分で走れるくらいなら今頃こんなところをとぼとぼ歩いとりゃせんて。
25km地点到着でチョイスが三つ。
ゼッケンを外して歩道を歩いて帰る。
JRに乗って帰る。
バスに乗る。
そりゃ、バスに乗りますわな。

というわけで、私的青梅マラソン史上初めて時間オーバー、失格となったのでありました。涙。

|

« そして青梅 | トップページ | 青梅その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして青梅 | トップページ | 青梅その後 »