« 生活リズムDS | トップページ | 台湾料理「故宮」 »

2008.12.25

音楽劇「箱の中の女」

シアターコクーンで一青窈主演、岩松了作・演出、小林武史音楽の「箱の中の女」を観る。先月「表裏源内蛙合戦」を見に来たときにポスターが貼られていて、一青窈・・・音楽劇・・・と言うところだけが頭の隅っこに残っていてeプラスの先行予約の案内メールになんだかわからないままに乗ってしまっていた。

と言うことで、全く事前の調査不足。一青窈主演のミュージカルなんだろうか、などと思いながら出かける。なんか意外なおもしろさに出くわすのではないかという期待。一青窈のライブということだけは確かだった。
で、どうだったかっていうと、よくわかんなかった。ワタクシ的にはストライクゾーンからアウトコース低めにボール3個分外れていたというところ。
実験的な舞台ということなのだろう。ついて行けなかった人も多かったのではなかろうか。
劇中歌はすべてオリジナルで作詞は一青窈とのこと。歌になってしまうと歌詞の意味を聴き取りにくくてなる。舞台では台詞がぽんと飛んでしまったような感じになる。まあ、これは私の耳が悪いということだけかも知れないが。
一青窈の歌はよかった。最後にアンコールでサンタさんの格好をして「ハナミズキ」なんか歌ってくれたのでもっとよかった。というか、一安心した気分になった。
最後に作・演出の岩松了氏が舞台に出てきた。にこにこした白髪のおじさんはどこかで見たことがあると思って考えてみたら、「時効警察」にでていたゆるーい時効課の課長さんではないか。そうか、知らなかった。そういう人だったのか。調べてみたら私とタメだということがわかった。
何とも無知な観客であった。

|

« 生活リズムDS | トップページ | 台湾料理「故宮」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生活リズムDS | トップページ | 台湾料理「故宮」 »