« めげずに走る | トップページ | 泥練 »

2008.11.13

表裏源内蛙合戦

シアターコクーンで観劇。井上ひさしの初期の一連の作品を蜷川幸雄が手がけるシリーズ。「道元の冒険」に引き続いてチケットをゲット。今回もe+のプレオーダーでゲットできた。S席とはいいながらほとんど最後列。

平賀源内というと昔NHKで「天下御免」という連続ドラマがあって、源内役は山口崇だった。中野良子がかわいかった頃で、一生懸命観ていた。一方こちらの舞台はと言うと、テレビのような明るい源内ではなくて、暗くどろどろとした猥雑な源内である。表の天才源内と裏の出世欲と卑猥な色欲の源内。これを上川隆也と勝村政信が演じる。役者さんたちはみな達者。勝村の滑舌には脱帽。大拍手。
舞台の卑猥さもこれまたすごく、これでもかこれでもかとくる。これは当然「18禁」でありましょう。
息をつかせない熱演の波状攻撃。これが休憩20分を入れて4時間というのは観る方が体力的にきつい。まあ、やっている方はもっときついだろうが。
観劇にも持久力が必要で、今の体力なら2時間半が限界かなとつくづく歳を感じてしまう。そういえば、観客の年齢層はいつものコクーンの芝居よりだいぶ高いように見受けられた。

|

« めげずに走る | トップページ | 泥練 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めげずに走る | トップページ | 泥練 »