« iPodたち | トップページ | 快勝 »

2008.11.28

裁判員制度スタート

裁判員制度がいよいよ始まって明日あたりには候補者にリストアップされた人に最高裁から封書が届くらしい。候補者に選ばれる確率は全国平均で352人に一人。結構高い。

裁判員に選ばれたら、受けて立とうと思う。裁判は毎週開かれる訳でもないし、前もって日時はわかるはずなのでドタキャンの休診という事態は避けられる。仕事を理由に断ることはない。正義と真実のためこの身を捧げようではないか。
ただ、困ったことがある。裁判員に選ばれたことを特定の例外を除いて他人に口外してはいけないのだという。まして、ブログに「裁判員キターーーーーッ!」などと決して書いてはいけないらしい。できるだろうか、そんなこと。
裁判員に選ばれた。でも誰にも言ってはいけない。うーむ、苦しい。職業柄守秘義務はきちんと守っているのつもりなのだが(いや、ホンマです)、自分のこととなると言わずにはいられない性格である。
どうして休診なんですか、なんて聞かれたら、もう、悶絶してしまうだろう。だいたい、聞かれる前に、ねえ知ってる?知ってる?だもんな。
「王様の耳はロバの耳」というタイトルのブログを開設して、「裁判員キターーーーッ!」を思いっきりコピペするというのはよいかも知れない。記事はもちろん「非公開」。
なんにしろ、もし候補者になったら何も言えなくなるので、今日ここに記す次第である。もし、私がその辺で悶え死んでいたなら、それはきっと裁判員に選ばれていたんだなと思っていただきたい。

|

« iPodたち | トップページ | 快勝 »

コメント

笑犬楼先生は、悶絶するからやめる、とのことです。happy02
http://shokenro.jp/00000110

投稿: 通りすがりの者 | 2008.12.02 12:45

東京マラソンの抽選は外れたのに裁判員は当たってしまって悶絶している人がいるそうな。

投稿: 院長 | 2008.12.02 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPodたち | トップページ | 快勝 »