« げそ天・たまご天・かき揚げ | トップページ | 赤い羽根ふろん太君ピンバッジ »

2008.10.26

おっ、ひょっとしたら行けるかも

このところ10km以上の距離を走ることがほとんどない。3週間後には多摩川縁でハーフマラソンを走らねばならない。これはたいそうピンチである。まして、東京マラソンの抽選に当たろうものなら大変なことになってしまうぞ。
と言うことで、等々力でのフロンターレ対コンサドーレ戦を観に行く前にしっかりと走ることにする。

自宅から二子橋まで走って行く。そのまま下流に向かえば等々力なのだが、そこで反対の上流、登戸に向かう。二子橋ー登戸は5km。ここを往復すれば10km、そのまま下流に向かって等々力まではさらに4km。ハーフにはまだまだ届かないが久しぶりに10km超のランとなる。
1026sapporo1 Kengoal 等々力に到着したらちょうど患者さんのお父さんと出くわす。「鹿島が負けてますよ!」おー!FC東京、頑張ってくれ、引き分けでもいいから。
今日の相手札幌はダントツの最下位ですでにJ2降格が決まっている。モチベーションを保ちようがない。こういう相手に負けるようでは昨年の浦和レッズのように無様な結末を迎えることになる。
もっとも、今日はそういう心配もなくゲームは札幌を圧倒。きれいなパス回しからジュニーニョがヒールパス。それを憲剛がズドンで1点目。2点目はこれまたテセがゴール前に流したボールに谷口がピタリと合わせる。ボランチ2人で2点。
Tanigoal Junigoal 後半になっても圧倒的な攻撃で、ジュニーニョ、テセで4−5点は入っていてもおかしくはない展開。こう言うときは、往々にして逆襲を喰らうもの。キーパーを通り越したボールをダヴィに決められる。やはり完封は無理だったか。
何とか後半40分にフリーキックを寺田が折り返して、やっと、やっとのことでジュニーニョがゴ〜〜〜〜ル。3対1で勝ち点3を確定。
首位鹿島に勝ち点差2の3位へ。フロンターレ定期預金の利率に期待がかかるぞ。

|

« げそ天・たまご天・かき揚げ | トップページ | 赤い羽根ふろん太君ピンバッジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« げそ天・たまご天・かき揚げ | トップページ | 赤い羽根ふろん太君ピンバッジ »