« 事故予防 | トップページ | 負けてばかりというわけではない »

2008.10.18

フロンターレ対エスパルス

日本平まで行く余裕はなくスカパー!生観戦。終わったら走って帰る予定でランニング装備の出勤となる。

日本平ではまだ勝ったことがないという。なんぼなんでもそろそろ勝つのではないかという期待がふくらむ。
A代表で出番のなかった憲剛がその憂さ晴らしにスルーパス、ミドルシュートをバシバシというイメージをもってテレビの前に臨んだのだが・・・
テセがイランから帰ってきたばかりということで、我那覇先発。せっかくのチャンスなのだが、ポストプレーも機能せず、後半途中でテセと交代。
交代したテセも不発。
ブラジル人トリオは動きもよくチャンスも作る。レナチーニョのシュートがポスト、ヴィトールのフリーキックがバーに嫌われる。ジュニーニョはボールを失いすぎだ。
とにかくエスパルスの守備がきっちりしている。中盤でのチェックが早くて自由にボールを動かさせてくれない。後半はしっかりと守られてしまって、見ていて勝ち目のない試合という感じであった。

ということで、優勝争いから1歩どころか2歩くらい後退。それでもACL出場権の3位という目標もあるので、ここはがんばり所である。残り5試合。上位チームと当たらないので引きずり落とす事ができないのきっちり勝ちを拾っていって欲しいものである。

|

« 事故予防 | トップページ | 負けてばかりというわけではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事故予防 | トップページ | 負けてばかりというわけではない »