« mobileSUICA特急券 | トップページ | 近所に「すき家」が »

2008.10.15

日本対ウズベキスタン

夕方9.4km走ってシャワーを浴び一仕事してからテレビの前に座る。もちろんビール付き。

憲剛はベンチ。ボランチの先発は遠藤と長谷部。ベンチには稲本もいるし、これは出番がないかも。
どうもA代表でもフロンターレを中心にみるクセがついてきている。ちょっと前までは代表に呼ばれる選手なんていなかったのにと思うと立派になったもんだ。とはいえ、今日はダメみたい。川島はベンチ外だし、寺田はリタイアしちゃったし。
前半から日本の展開のテンポが遅い。短いパスを足下で繋ぐのだが、結局どこかで引っかかる。膠着状態の中相手のエースに飛び込まれて先制点を献上。
その5分後に俊輔のクロスに大久保が飛び込んでリターン、玉田が決めて同点。これで、何とかいけるだろうと思ったのだが、なかなかどうして敵も必死である。
後半は引き分けてもよしという布陣をしかれてどうしても1点が取れない。ここで憲剛の出番だなと思うのだが交代出場はやはり稲本。後ろの方からの局面を打開するロングパスが少なかったし、1点を取りに行くのなら憲剛だと思うのだがなあ。守備の面で稲本、長谷部と言うことなのだろうか。
結局1点が取れずにドロー。フラストレーションだけが残った試合だった。

|

« mobileSUICA特急券 | トップページ | 近所に「すき家」が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« mobileSUICA特急券 | トップページ | 近所に「すき家」が »