« 豚バラ肉のハーブ煮込み | トップページ | フェルメール展の前にひとっ走り »

2008.09.27

寿司の次郎長

年に二三度世田谷の「寿司の次郎長」さんへ行く。たいていは家族の誕生日だったりする。今日は娘の誕生日ということで、久しぶりに家族4人が寿司屋に揃った。娘の誕生日といっても本当の誕生日は別に祝ったようでははあるが。

Uniawabi夜は一回転だけという営業なのでカウンタの6席のうち4席をわが家が占めて、もう一組はご夫婦。
子どもたちが幼稚園の頃から来ているので、もう20年以上になる。あの頃は握りを一口では食べられなかったので半分に切ってもらっていた。
突き出しは焼きウニとアワビの酒蒸しを用意していただいた。アワビの胆も絶妙で、ビールじゃなくて最初からお酒でいけばよかった。ということで急遽お酒に切り替えて三千盛。
いつものようにネタケースのものをほぼ一巡。ヒラメ、ヤリイカなどがちょうどよい旬、ウニも素晴らしかった。息子はさらに二巡指名で赤貝のヒモ巻きとか赤身とか、とりあえず満腹になるまで。
娘は初サラリーで次郎長さんの寿司をご馳走してくれたので、息子の方もあと少し待っていましょう。
この「寿司の次郎長」さん、確実な営業日は金・土・日だけで月・木は予約があれば営業、それ以外はお休み。親父さんの気力が続く範囲でとのことだが、まだまだがんばって続けてほしい。

次郎長さんへ行くという大イベントのため国立競技場でのフロンターレ対レイソル戦はビデオ時間差応援となる。5対2の快勝。この2失点というところがフロンターレらしい。これで明日名古屋対浦和が引き分けか、名古屋の負けになると離れかけた優勝戦線がちょっと近づく。引き分けがいいな。

|

« 豚バラ肉のハーブ煮込み | トップページ | フェルメール展の前にひとっ走り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豚バラ肉のハーブ煮込み | トップページ | フェルメール展の前にひとっ走り »