« 原稿進まず | トップページ | 「アンジュ」情報のその後 »

2008.09.09

母校グラウンドの芝生化

卒業した中学・高校の百年記念行事の寄付の募集が来ている。実はだいぶ前から同窓会誌などに申込書は同封されていたらしいのだがそう言うものは目に入らない体質である。私のような恩知らずが多いせいか集まった寄付は目標額にはるかに届かないらしい。この夏ミニ同窓会で母校を訪れたときにグラウンドを芝生化する計画があるという話を聞いていた。この計画も百年記念事業の一つらしい。

Sc5芝のグランドでサッカーをする、というのは私たちが高校生の頃は夢のような話であった。県大会の決勝戦といえども土のグラウンドだった。同じ学年で高3まで部活を続けた連中は近畿大会で芝のグラウンドで試合をしたのが伝説だったくらい。中途リタイア組の私はついに芝のグラウンドでサッカーをすることはなかった。もしあの頃芝のグラウンドがあったら、もっと果敢にタックルできたかも、ダイビングヘッドだって平気だったかも・・・などと勝手に空想してしまう。

そんな芝のグラウンドが学校に誕生する。何と素晴らしい事ではないか。

今まで、シカトし続けてきた寄付申込書ではあるけれど、今回は幾ばくかの気持ちを送ってみようと思う。

|

« 原稿進まず | トップページ | 「アンジュ」情報のその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原稿進まず | トップページ | 「アンジュ」情報のその後 »