« フロンターレ対アントラーズ戦 | トップページ | 原稿を送る »

2008.09.15

ねんきん特別便

「ねんきん特別便」がやっと私の所にもやってきた。問題がありそうな人から発送しているようなので今頃来るのは問題の少ない人ということなのだろうか。

私は勤務医としては転勤の回数も少なく、「不正規雇用」の期間も研修医1年目だけだった。数ヶ月単位の短期出張というような職場の経験もない。なので、記録のチェックは比較的簡単である。それでも、送られてきた年金記録には地方公務員と国家公務員だった期間の記録が抜けている。合計で5年分。共済組合の記録は平成8年以前に退職した人の情報は社会保険情報センターに通知されていない場合があると書いてあるのでそのケースに当たるのだろう。
回答票に加入当時の住所を書く欄がある。えーと、その頃は確か吉祥寺に住んでいた。でも、その時の詳しい住所は覚えていない。この間に二度の引っ越しを経験しているので、古い名簿類や手紙類はみな破棄している。なので、わからない。だいたいの場所は覚えているので、あの頃のアパートがあれば思い出すはず。
GoogleMapで調べてみる。こう言うときにGoogleストリートビューが役立つわけだ。住所は何丁目というところまではわかる。バス停の前にあった雑貨屋さんはコンビニになっているようだ。そこから路地に入ってみる。路地に入ったすぐ右手に古ぼけたアパート。こんなアパートがあったような気がする。随分古い。確かその先の奥まった所に駐車場があって、その後ろに住んでいたアパートがあった。隣の敷地が大家さんだった。ストリートビューの視界を→をクリックして回転させる。駐車場とアパートのあったあたりは何軒かの一戸建ての住宅になっている。道路に面して駐車スペースがあって車がとまっている。
たぶんここだろう。これで何丁目何番までは確定したが、何号なのかはわからない。
それでもわからないよりはマシ。途中までの住所を記入して送り返すことにする。
それにしてもGoogleStreetView おそるべしだ。

|

« フロンターレ対アントラーズ戦 | トップページ | 原稿を送る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フロンターレ対アントラーズ戦 | トップページ | 原稿を送る »