« ねんきん特別便 | トップページ | 100万アクセス »

2008.09.16

原稿を送る

なんだかんだと遅れていたMookの原稿の体裁を整えて郵便局へ。明日着いたとして締め切りからちょうど1週間の遅れ。督促が来る前の提出なのでエライということにしておこう。

ぎりぎりになって、使った資料の著作権者(というのだろうか)に了解を取っていないことを思い出した。朝イチでメールをだして、かくかくしかじかなので使わせてねとお願いする。ダメといわれてももうCDに焼くだけの状態になっているので困るのだけれど、幸いお二方の了承を得られた。
封をする前にもう一度原稿の要項を眺めてみると、何となく期待されているような論旨ではないような気がしてきた。今更、構成し直しというのも何だし、ダメならダメと編集者の方で直すだろうと腹をくくってエイヤと封筒に封をする。いつも原稿の封筒に封をするときのかけ声がエイヤなのだ。
ということで、ここ2週間ほど何となく落ち着かなかった気分がスッキリ。明日から、何を心配の種にして生きていこうかな。

|

« ねんきん特別便 | トップページ | 100万アクセス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ねんきん特別便 | トップページ | 100万アクセス »