« iPhoneの請求書 | トップページ | 雨なので本の整理でもしよう »

2008.09.20

ガスにやられた

台風一過の等々力へフロンターレ対FC東京戦の応援に行く。FC東京は東京ガスだったJ2時代からのライバルである。これまでの対戦成績は4勝4敗5分けと全くの五分。多摩川クラシコと名付けての一戦である。

Frontakun今季は一度も等々力まで走って行ってない。それでそこそこの成績なのでげんを担ぐのなら車で行くところ。しかし、今日みたいに時間があって天気のよいときに走っておかないと走るときがない。と言うことで、レプリカユニの12番を着て等々力まで走る。走っていけば、等々力に着いたときにまず駆けつけ一杯のビールというのがあり。ただし、帰りも走るつもりだったのでハーフタイム以降はビールは禁。
ゲームの方はというと、あまり書きたくはないのだが、開始5分のコーナーキックでマークがずれてしまってFW赤嶺がどフリーになって失点。まあ、時間も早いことだし、そのうち追いつくと前半はそういらいらすることもなく見ていられた。前半終了間際に今野が憲剛に肘鉄を食らわして一発レッド。FC東京は10人に。前半終了間際に決定的なチャンスをのがして嫌な予感がした。フロンターレは相手が10人になって守りに入った時の戦い方がまずいのだ。
後半に入ってその予感が的中。FC東京はひたすらゴール前を固めて1点を守る体制に入る。10人になるとコンセプトがはっきりしてやりやすいみたいだ。クロスからボールを入れても跳ね返され、中央突破でジュニーニョが1人2人と抜いても3人目で引っかかる。キーパーをかわしてタッチしたボールもポストの外へ。よいクロスが入ってもタッチの差で届かない。前節と同じでジュニーニョの神通力が効かないのだ。結局10人のFC東京に守りきられてタイムアップ。シュート数は倍ではきかないだろう。
テセも前半にバーをたたく惜しいミドルがあったがその後は目立たず。憲剛は惜しいシュートもスルーパスもあったが結局決まらず。谷口は目立った動きなしで途中交代。
その上、ハーフタイムに携帯で東京ドームの速報を見てみたら、タイガースは下柳がノックアウトされて9点取られているではないか。今日は、何をやってもダメな日かも知れない。
試合終了と同時にスタジアムを飛びだして、多摩川の土手を「バカヤロー!」と叫びながら走って帰った。

|

« iPhoneの請求書 | トップページ | 雨なので本の整理でもしよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhoneの請求書 | トップページ | 雨なので本の整理でもしよう »