« アワビとサザエ | トップページ | 夏期休業 »

2008.08.07

オリンピックサッカー対USA戦

6時キックオフということで午後の診療の延長戦は後免蒙りたい。この気持ちが通じたのか、単にヒマだっただけなのか、開始7分くらいからテレビ観戦。予選リーグの対戦相手を考えたらUSAから勝ち点を取らないとまず予選突破は無理だろう。

森本のワントップでフロンターレの谷口がトップ下。森本も宮前区の平中学出身なので川崎コンビと言っていい。谷口はゴール前での勝負強さを買われての前線起用だが、どうもこの位置の谷口というのはフロンターレでよかった印象がない。昨シーズンもマギヌンが出られないときに何度か試されたのだが不発。クロスやこぼれ球に飛び込むのはよいのだが、司令塔にはなれないなというのが私の感想。
今日も、森本を追い越していくのはよいのが、森本を生かすパスなり走りができていないように見えた。なので森本が前線で孤立してしまう。というより、森本のできが悪すぎたのか。一人ででも突破するぞという迫力やスピードが全くなかった。シュートはゼロじゃなかったか。
結局谷口の飛び込みであわやというチャンスは何度か作れたがそこまで。前半の絶対的なチャンスを森重が決められなかったのと、こぼれ球をきっちり枠内に強いシュートを打ったUSAとの違いが勝負を決めた。
見ていてフラストレーションのたまる試合。決定力不足というが本当にその通り。かつての釜本のような強烈なフォワードが一人欲しい、と繰り言を言う。

|

« アワビとサザエ | トップページ | 夏期休業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アワビとサザエ | トップページ | 夏期休業 »