« 夏枯れとランチ | トップページ | サーバー機が真っ暗 »

2008.08.28

雨中の勝利

雨の等々力でフロンターレ対アルビレックス戦を観戦。一日中降るのか照るのかはっきりしろと言いたいような天気。はっきりしろと言ったらはっきりしたみたいで降る方にしたようだ。降ったり止んだりの雨は前半開始直前から本降りとなる。

Vsniigata山田うどんで天ぷらうどんをかき込んでメインスタンドに向かう。屋根のないスタンドではみなおそろいの青のカッパ。天ぷらうどんだけでは心許ないのでカツサンドでもと思ったがこの降りでは食べながらの観戦は無理。荷物をカッパの中で抱いておとなしく応援する。
先制点は黒津。左からクロスをあげるのかと思ったらそのまま左足でゴール。遠くで雨で霞んでよくわからない。電光掲示板のリプレイで7番、おお、黒津!2点目もコーナーキックからヒロキのヘッドがよく見えない。これまた電光掲示板で確認。前半で2対0で、これはいただきだなと確信する。
ハーフタイムでは後援会員2万人突破記念とかで神輿がでる。そうかやっと2万人。浦和との差はまだまだ大きい。
後半のテセのオーバーヘッドは目の前での得点。喜んでバック転しそうだったが思いとどまってよかった。あの足下では余計なことはしない方がよい。1点は取られたものの最後に田坂のファインゴールがあって4対1の圧勝。圧勝の中で心配な点が一つ。ジュニーニョのシュートがまったく決まらない。最後のところで敵のディフェンスに引っかかる。90分を通じてずっとこうだったのが気にかかる。
これで首位名古屋との勝ち点差が2の5位。上位がダンゴ状態のまま2週間の中断に入る。

|

« 夏枯れとランチ | トップページ | サーバー機が真っ暗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏枯れとランチ | トップページ | サーバー機が真っ暗 »