« 工事現場 | トップページ | アート&ランチ »

2008.08.13

女教師は二度抱かれた

シアターコクーンで松尾スズキ作・演出「女教師は二度抱かれた」を観た。「蛇よ!」で大竹しのぶと松尾スズキの共演を見て感激して以来、この組み合わせは外してはならぬと思っていた。チケット争奪戦に敗れて、ヤフオクで落札。かなり高かったが、それでもよろしい。

市川染五郎、大竹しのぶ、阿部サダヲ、松尾スズキ、淺野和之・・・組み合わせを見ただけで面白い。阿部サダヲが異様な熱演で歌舞伎役者を演じる。それを歌舞伎役者とは思えないメリハリのなさで染五郎が受ける。この役割交換が面白い。大竹しのぶ相変わらず素晴らしい。出だしの東北弁のおばさんのところからもう参りましたである。後半の正気と狂気の移り変わりもぞくっとするほど。
休憩20分を含む2幕3時間半が全く長いと感じなかった。いや、面白かった。

|

« 工事現場 | トップページ | アート&ランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 工事現場 | トップページ | アート&ランチ »