« 今年上半期終了 | トップページ | 一段落 »

2008.07.01

冷やし翔太

梅雨の中の真夏日である。院長室は残念ながらレトルトカレーもままならぬ混乱状態なので今日は冷やし中華!と心に決めて駅前の「翔太」へ。

Hiyasishota「冷やし翔太はじめました」の貼り紙。やはり「冷やし」は季節商品なのである。「冷やし翔太」はメニューの中で最高価格商品である。フラッグシップメニューと言うべきか。麺より具のボリュームの方が大きい。梅肉のピュレがトッピングされていて、これが全体の酸味を決めている。私的には梅肉はこの半分くらいの量でよかったかな。今季初の「冷やし中華」はちょっと変化球からというところである。
「冷やし中華」というとどうしても思い出すのが山下洋輔やタモリ、筒井康隆などで結成された「全冷中」である。Wikipediaで「冷やし中華」をチェックしてみたらヘルプに面白いサイトの記事がリンクされていた。
山下洋輔氏のお兄さんが勤務する醤油メーカーのHPに載せていた記事。元記事が消えているので転載されている。歴史の証人とはこういう人のことを言うのであろう。

|

« 今年上半期終了 | トップページ | 一段落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年上半期終了 | トップページ | 一段落 »