« サッカー観戦の日々 | トップページ | 小児科医対策 »

2008.06.15

医療機器フェア・梅欄・IKEA

久しぶりに公園まで走る。何とか10km。走り方はかろうじて憶えていた。帰ってきてシャワーを浴びてから、医薬品卸のク○ヤさん主催の医療機器フェアをのぞきに横浜まで出かける。夏休みを利用してクリニックの改装を行うので、なにかよさげなものはなかろうかというところである。

この医療機器フェアはいろいろ試供品をもらえるのがいい。絆創膏メーカーのブースでは創傷被覆材がならんでいる。当院で臍ヘルニアの圧迫固定に防水膜として使っている被覆材は高価なわりにすぐに剥がれる。ちょうどよい被覆材を発見、試供品をいただく。自前で作れる診察券プリンターにも心を動かされる。いま電話予約機の会社から買っているバーコード付き診察券は結構なお値段。なので診察券を有料にしている所も多いのである。
超音波検査装置にも食指が動いてしまう。今の器械は5年のリース期間を満了したし、どうせなら新しい器械が欲しいなあ、などとつぶやいてみる。当院の検査件数では絶対にペイしないので事務長は知らんぷりをしている。薬品保管用冷蔵庫の手頃なサイズの機種を見つける。
サンプルとカタログをいっぱいもらって遅めの昼飯に中華街へ。最近よくTVに出てきて渋谷にも支店が出来た「梅欄」へ。店は関帝廟通りを越えて中華街の端っこにある。
Bairan2 Bairan1 2時前というのに店の前は行列。それでも客の回転は速いので20分ほどの待ち時間。狭い二階のテーブルに通される。名物の「梅欄やきそば」、「車海老のチリソーズ」「小籠包」を注文。「小籠包」は今ひとつだったが焼きそば、エビチリはおいしい。評判通りお値打ちである。お値打ちではあるがサービスはイマイチ。というか、サービスという概念がないのだろう。どんと放り出された小皿は、ねえ、これちゃんと洗った?と聞きたくなるような状態。いや、小皿が出てくるだけいいのだ。以前入った市場通りのお焦げが有名な某店では替えの小皿を頼んだら「チューゴク、ミナ、オ皿一枚ヨ」と言われてしまった。もちろんお焦げの海鮮あんかけはすごくおいしかったのだが。ま、そんなもんである。
中華街で中華食材の買い出しの後、改装後のクリニックで必要な家具を見るために「IKEA港北店」へ。噂には聞いていたがすごい規模のショッピングセンターである。駐車場もだだっ広い。アラモアナショッピングセンターくらいあるね、と言って事務長にフンと鼻で笑われる。あまりの規模に圧倒されて、今日ここで何かを買って帰るという意欲は完全にそがれた。10本199円のアルカリ電池とか、一人暮らしの息子用のフライパンとか細々したものを買って退散する。近いうちに家具を買いにきてリベンジすること誓う。
広い店内をうろうろ歩き回っていたら朝の10kmが効いてきた。本日はこれにて売り切れ。

|

« サッカー観戦の日々 | トップページ | 小児科医対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカー観戦の日々 | トップページ | 小児科医対策 »