« 小児急病センター準夜当番 | トップページ | 続・茶色の手をした男 »

2008.06.18

無線LANカード

8月の夏休み中にクリニックの改装をすることになった。待合い室を拡張する、隔離専用の待合い室と診察室を設ける、処置スペースを拡張するなど。これらのスペースを生み出すのに犠牲になるのが、院長専用のシャワーユニット(毎日の通勤ランで重宝した時代もあったなあ)、院長のパソコンコーナー、スタッフのロッカーなど。これらをマンションの2階に借りた一室に移転する。

院長コーナーのパソコンはPowerMacG4 AGP GraphicsにSonnetのアクセラレーターカードを搭載して1.7Gにクロックアップしたもの。HDDも2台でパワーアップしている。今のところUSBが1.0で遅い事以外にたいして不満はない。これを2階に持って上がるつもりなのだが、2階まで床に穴を開けてLANケーブルを引っ張っていくわけにはいかない。ここは無線LANで対応するのがよかろうと、PowerMacG4に刺さるLANカードを探す。Sonnet Aria Extreme PCIがぴったりで、これなら54Mbpsで通信できる。さっそくSonnetの通販サイトから発注する。すぐに返事が来て「在庫切れ」とのこと。秋葉館他2店の代理店を紹介される。秋葉館の方はやはり在庫切れ。もう一方の方は「Sonnet Aria Extreme」で商品検索したら在庫あり。即発注する。土曜日に発注したら月曜日には届いていた。開けてびっくり。届いたのは「Sonnet Aria Extreme miniPCIe」。これはIntelMacとPCにのみ対応しているminiPCIカードだった。開封してしまったし、商品確認のメールにもOKの返事をしてしまったしなあ、ということで泣く泣くお蔵入り。PowerMacG4 AGP GraphicsにはAirMacカード用のスロットがあるのでAirMacカードを見つけてくるのが次善の策であろうと判断する。AirMacカードはとうの昔に販売中止になっていて流通在庫もない。オークションで手に入れるのがよかろうと探してみたら、結構出ている。3150円で非純正品を落札。これだと通信速度が最大10Mbpsなのではたして耐えられるかどうか。とにかく届くのを待とう。

|

« 小児急病センター準夜当番 | トップページ | 続・茶色の手をした男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小児急病センター準夜当番 | トップページ | 続・茶色の手をした男 »