« 一人暮らしのネット接続環境 | トップページ | 四十九日 »

2008.05.16

やたらと溶連菌の日々

連休明けのヒマな日々だが溶連菌感染症だけはやたらと多い。年長児で咽頭痛、頭痛、発熱、なんて症状だとこの季節まず溶連菌だと思って間違いない。

のどが痛いのか不快感があるのか、主訴が嘔吐というのが結構多い。下痢じゃないのが特徴。こういう子どもののどに綿棒をつっこんで検査をすると吐かれる可能性が高い。綿棒でのどの側壁と後壁をささっとこすってさっと身を引く。カラダ全体でバックステップする感じである。咽頭スワブは小手先で取るな、腰で取れ。これが、極意である(ホンマか)。このテクニックを名付けてスワブ&アウェイ。もたもたして綿棒を持ってのどをのぞき込んだりしているといきなり顔に向かってゲボッとやられるのだ。
てな事を考えながら過ごしていたらもう今週も金曜日ではないか。まだGW のアロハ気分が抜けない。この週末は母の四十九日。帰ってまた喪主をせねばならん。喪主喪主亀よ亀さんよ、なんてね。いかんな、調子悪い。

|

« 一人暮らしのネット接続環境 | トップページ | 四十九日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一人暮らしのネット接続環境 | トップページ | 四十九日 »