« ハワイのインド料理 | トップページ | 無事帰国 »

2008.05.06

あっという間に

あっという間に帰る日が来る。学会は明日まであるのだが、1日早く帰るスケジュール。それでも7日水曜日は休診である。朝から学会会場へ出向いて知った顔に挨拶してアリバイ作りは完了。ちょこっと顔を出した感染症のセッションでマラリアを媒介する蚊の遺伝子操作をしてマラリア原虫を繁殖させない蚊を作るというプロジェクトに感激する。病気を撲滅する方法はいろいろあるのだ。

午後はホノルルマラソンで走ったコースの一部を走る。ゴールになっているカピオラニ公園は一周するだけで結構な距離がある。ダイアモンドヘッドに向かう坂道はランナーでいっぱい。ホノルルマラソンでは最後の2−3kmのところである。初マラソンの時はこのあたりで呼吸はちっとも苦しくないのに足が棒のようになって全くあがらなくなった。それが視界が開けて海の見える下り坂になったとたん急に走れるようになって一気にカピオラニ公園に突入したのだった。
と、まあノスタルジアに浸りながらワイキキまで走りきる。日差しはあまりきつくなく、気温はGWの代々木公園と変わらないのではなかろうか。
夜は、学会に参加した人たち30数人が集まって打ち上げの宴会を中華料理屋で。入国審査で拉致されたバングラデシュのドクターと再会する。イスラム教徒と思われて警戒されたそうだ。彼がイスラム教徒ではないことは私がよく知っている。なにせ、機中ずっとワイン、ビール、ウイスキーと飲み続けていたのを見ていたのだ。
ホテルに戻ってスポーツナビの速報でフロンターレがジュビロに4−1で逆転勝ちしたことを知る。出かけるときは0−1だったので喜びもひとしおである。これで逆転4連勝。次は浦和である。こちらには先行逃げ切りで勝ちたいものである。

|

« ハワイのインド料理 | トップページ | 無事帰国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハワイのインド料理 | トップページ | 無事帰国 »