« 花の下にて | トップページ | 春の嵐 »

2008.04.07

インフルエンザはもう消えたか

先週の感染症発生動向調査報告をまとめる。2日臨時休診があったとは言え、1週間のインフルエンザ初診患者はゼロだった。10月からだらだら始まった今季の流行もそろそろ終息ということだろう。

春休みが終わって今日が入学式という子どもが多い。春休みの休養あけでみな元気で張り切っている。
ということで、当然小児科はヒマである。
今日は親子で感染性胃腸炎というのが3組。感染性胃腸炎は毎週報告数が減っていてもうそろそろ終わりかと思っていたのだがそうでもないようだ。こちらはこのままゼロにはならずにだらだら続くことになるだろう。
この4月から始まった麻しん・風しんワクチンの第3期(中学1年生が対象)は2名が来院。第4期はゼロ。まだ予診票が送られてきていないので知らない方が多いはずだが、さっそく受けなければという事でおいでになっている。学校の方で指導されているようだ。予診票が来なくても住所と年齢が確認できればクリニックでも予診票は用意しているので受けることは可能。どうせなら、早く受けるのがお勧め。なんと言っても神奈川県はダントツで日本一の麻しん多発県なのだから。

|

« 花の下にて | トップページ | 春の嵐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花の下にて | トップページ | 春の嵐 »