« 残務整理 | トップページ | 稚鮎の天せいろ »

2008.04.20

奈良で研究会

実家で一人ウイスキーを飲んでいるとどうしても止まらなくなって深酒になる。単身赴任などをするようだと自分は絶対アルコール依存症になるな、というようなことを朝痛い頭を振りながら思った。コーヒーを淹れて新横浜の新しい駅ビル内「地上のデパ地下」というというところで調達してきたクロワッサンを囓る。数日来の大雨で雨漏りしているところがあってそこを片付ける。この先の実家の行く末を考えると痛い頭がますます痛くなる。午後から奈良で「近畿外来小児科学研究会」という会があるのでそれまでにいくつかの雑用を片付けて家を出る。

20080420181343研究会は奈良県新公会堂というホールで行われた。かつてシルクロード博覧会が開かれたときにメインの会場になったところだ。東大寺の横、若草山のふもとという絶好のロケーション。窓からの景色も素晴らしい。ここから少し飛火野の方に行くと「ささやきの小径」という何ともロマンチックな名前の散歩道がある。今もあるのかどうかは知らないが、高校生のころは下校後のデートコースだった。初めてキスをしたのもあのあたりではなかったか。いまや記憶ははるか彼方の霞の中であるが。
奈良というちょっと交通の不便なところで開かれた会だったのだが、近畿一円から100名以上の小児科医が集まった。遠くは川崎市からも、ってそれは私。
研究会は大阪のN先生が大活躍で盛況のうちに終了。その後の懇親会まで参加した。こちらも盛況。夕暮れの生駒山系を正面に見ながらプラプラと公園の中を駅まで歩いて帰った。いや、奈良って、いいとこ。

|

« 残務整理 | トップページ | 稚鮎の天せいろ »

コメント

ささやきの小径は今もあります
昨年夏に女房と二人で歩きました
そのあたりはあまり変わらないのですが
新薬師寺の方へ抜けたのですがこちらは随分変わっていました

ところでささやきの小径って名前のパフェ(だったけ)があったの
覚えています?

河合町のお宅は私などにとっても想い出の地ですが
今後のあつかいは大変ですね

投稿: 岡嵜 | 2008.04.21 00:38

>ささやきの小径は今もあります
>昨年夏に女房と二人で歩きました

なるほど、今もあるのですね。奥さんと歩いて急にキスしたりしなかった?

>ところでささやきの小径って名前のパフェ(だったけ)があったの
覚えています?

それは東向き北通りの喫茶「リビエラ」ですね。「マロンのささやき」「カトレアの秘密」・・・笑いますな、あと何だっけ。1969年の夏休みによく行った覚えがありますね。

投稿: 院長 | 2008.04.21 01:02

片岡君、岡崎君、ガタとオカキ、懐かしいぞ。想い出は霧の彼方、僕たちは3人とも、ようモテタ。お勉強が出来るうえ、カワイイ女の子に、ようモテタ。思い出したら、涙が出そうだ。泣くぞ。片岡君、104に問い合わせ、東九条の山田薬局に電話をしてくれれば、嬉しい。

投稿: 山田陽一 | 2008.04.21 05:26

山田君
5月に母の四十九日をやるのでその時にまた帰る予定。その頃に一度連絡します。ということで、ほなら。

投稿: 院長 | 2008.04.21 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残務整理 | トップページ | 稚鮎の天せいろ »