« 混雑の土曜日と対神戸戦 | トップページ | 幽霊原稿 »

2008.03.16

多摩川リバーサイド駅伝

湘南マラソンとバッティングした多摩川リバーサイド駅伝。30km走って壊れるより3km走って親睦を深める方がよろしいと言う判断で駅伝に出場することにした。朝の出がけにRCチップを封筒に入れて湘南マラソン事務局に送り返す。

Ekiden0316川崎市小児科医会としては駅伝は初参加。歴史的な一日となったと言うべきか。このところほとんどまともに走れていない私は4走の3kmでお願いする。1走10kmは中原区の若手W先生。毎朝10km走っているらしい。つくばマラソンは3時間30分くらいだったとかで、これからまだまだのび代のある若手である。2走5kmはご近所のK先生。当院が休診の水曜午後などはお世話になることが多い。3走3kmは保健所のM先生。女性ランナーである。午前中は娘さんがショートの部に出場とのことで忙しかったようだ。フルや秋田内陸の50kmなど大会はしょっちゅう出ておられるようだ。高尾・陣馬往復などもよくやっているという話で、以前すれ違ったことがあったかもしれない。4走3kmは私で、5走5km アンカーは宮前区のM先生。前小児科医会会長である。年は私より10ほど上なのだが、どちらが年寄りかわからないくらい。小児科医会に入会して以来ガチンコ勝負は全敗である。
3走のM先生からたすきを受け取って走り出す。実は昨夜泥縄でスピード練習をやってみた。公園一周2146mをマジで走ってどのくらいか試す。12分を切れなかった。かろうじてキロ6分は切ったけれど。
走り始めてすぐに息が上がる。脚が売り切れて走れなくなるのはしょっちゅうなのだが息が上がって走れないというのは久しぶりの感覚である。3km18分はいくら何でも切りたいと真剣に走った。たすきリレーであわてたものでストップウォッチは押せなかった。なので正確なタイムはわからない。とにかく息絶え絶えになりながらもアンカーのM先生にたすきを渡せた。
1走のW先生の快走のおかげで順位は結構好かったのではなかろうか。

|

« 混雑の土曜日と対神戸戦 | トップページ | 幽霊原稿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 混雑の土曜日と対神戸戦 | トップページ | 幽霊原稿 »