« 生命保険 | トップページ | 診療報酬点数改訂説明会 »

2008.03.20

雨の奈良から戻る

水曜午後、保健所と保育園の検診2件をこなしてから新幹線で奈良に向かう。すでに雨が降り始めていて西の方は本格的に降っているようだった。寒かろうと思って春用のコートを着ていったのは正解だった。

無人の実家に戻って、雨が降ってはいたがとりあえず窓を開ける。お湯は出る。ガスはつく。インターネットは繋がる。ライフラインは無事のようだ。長い廊下の突き当たりがトイレなのだが、子どもの頃はそこまで行くのが怖かった。誰もいないと思うとやはり今でもちょっと怖い。
夜遅くの到着だったのでウィスキーの水割りを作っただけ。夜食はなし。今回の滞在では生ゴミは出さないという決心をする。最近ではウィスキーを飲むのは実家に帰ったときくらいである。当然つまみもなし。ぼんやりテレビを見ていると酔いが回ってきて、そのままバタンと寝る。
朝は大きな雨音で目が覚める。本格的に雨。パック入りのドリップコーヒーを淹れる。これは生ゴミには数えないことにする。朝食は抜き。昨夜飲み過ぎたようで食べたいという気が起きない。
タクシーを呼んで母のグループホームへ。住所の伝え方が悪かったのか、雨の中20分以上待ったがタクシーは来ない。○○寺の前と言ったのが、別のお寺のところで待っていたらしい。これまでは名前を言っただけでタクシーは来たのだが、わが家の地域社会での認知度が日々低下しているあらわれであろうか。
ようやくタクシーが来て何とか母のところにたどり着く。母は食事中だった。食事は全介助の状態。咀嚼、嚥下がなんとかぎりぎりで、施設の方が辛抱強く世話をしてくださる。こういう状態でグループホームというのはかなり無理があるのだが、とにかくありがたいことである。
京都で高校時代の友人と食事をして、帰路につく。友人は先日お母さんを見送ったばかり。心構えを伝授される。
京都駅構内の喫茶店の窓際に横浜のM先生夫妻を発見。いや、こんなところで奇遇ですなあ、とご挨拶。それにしても我が目の鋭さよ、よく見つけたものだ。
帰宅して録画してあったナビスコ杯フロンターレ対ジェフ戦を観る。フッキを外したツートップ。これでも結果は出ず、開幕からまだ白星なし。優勝候補どころか、重症である。

|

« 生命保険 | トップページ | 診療報酬点数改訂説明会 »

コメント

読みさしの本からふと顔を挙げたら、変なオジサンがこっち向いてニココニ笑いかけているので、びっくりしたなあ。
こちらは、たまの連休(水曜休診なので)利用で物見遊山の旅。
19日の夜は祇園あたりでお酒飲んでいたのですが、当夜、先生は奈良の誰もいないご実家で、一人つまみも無しでウイスキーを飲んでおられたのですね。先生の心中を推察すると、深くえぐってくるものがあります。

投稿: 横浜のM | 2008.03.21 13:30

どうも奇遇でしたね。実は、最初にお店に入る奥様の方を発見してあれっと思って店の中を見たらM先生がいらしたのです。
たまには一人で暗〜くウイスキーをあおるのもいいもんですよ。そういうときはストレートがいいのですが、水割りにするところチト弱いです。

投稿: 院長 | 2008.03.22 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生命保険 | トップページ | 診療報酬点数改訂説明会 »