« 弁松の弁当 | トップページ | モバイルブロードバンド »

2008.03.09

開幕戦参戦できず

東京會舘で勤務医時代の上司である川崎富作先生を囲む食事会。連絡の不備で開始が1時間遅れる。この後等々力に行くのはきびしいなと覚悟する。待っている間にビール。そろってからまたビール、ワインと昼酒に浸る。

Sitabirame昼からフルコースである。舌平目のボンファムはここ「プルニエ」の名物メニューだという。焼き色の付いた濃厚なソースに舌平目が埋まっている。とろけるようである。ステーキは、まあステーキであった。半分ほど食べて写真の撮り忘れに気づくも遅し。デザートのころには昼酒が回ってきて猛烈な眠気に襲われる。
お開きになるころにはフロンターレの開幕戦は終了間際。鞄にタオルマフラーとユニフォームは忍ばせてきたのだがあきらめて自宅でビデオ観戦にする。高橋尚子の失速は途中で知ったがフロンターレの方は一切の情報を遮断してビデオに向かう。
ヴェルディが想像以上の善戦で危ない場面が何度もある。それでも森勇介の得点で優位に試合は進む。後半はかなり一方的に攻めまくるが最後のシュートが甘い。結局1−0で逃げ切るかなと思って見ていたらロスタイムにPK を献上。ぎりぎりの所に決められる。ヴェルディは勝ったような喜びよう。確かにこの戦力差を考えたら勝ったようなものだろう。
次のホームゲームも所用があって等々力に行けない。せっかくのシーズンチケットが泣いている。

|

« 弁松の弁当 | トップページ | モバイルブロードバンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弁松の弁当 | トップページ | モバイルブロードバンド »