« 壊れる | トップページ | MacBook Airでプレゼン »

2008.02.14

麻しんと学校保健委員会

昨年多くの大学が麻しんの流行のために臨時休講になったことは記憶に新しいが、今年になって麻しんがまた流行している。やはり年長の青少年層での流行。その中でも神奈川県の患者数が群をぬいて多い。校医をしている中学校の学校保健委員会が明日あるのだが、そこで麻しんの話をしてほしいというリクエストがあった。なかなかタイムリーな話題なのでお引き受けした。

学校に出かけてぼそぼそしゃべってくるだけでは面白くない。せっかくレギュラーの乳幼児健診の予約枠を休診にして出かけるのである。ちょっとは何かやらなくてはモトが取れない。どういうモトが取れるのだと言われると困るけれど。
保健委員の生徒がPowerPointで活動成果を発表する。当然プロジェクターもスクリーンもある。そこで私の麻しんの話もプロジェクターを使って話することにする。もちろんパソコンはWindowsではなくMacBook AirでソフトはKeynote。思いついて学校に連絡したのが昨日のこと。学校の方ではちょこっと校医の先生の発言があればいいと思っていたようだった。
大急ぎでKeynoteのプレゼンファイルを作る。文字の背景は黒板で文字はチョーク風というテーマを選ぶ。なかなか学校風でよろしい。持ち時間10分でスライド9枚。ちょっと短いのが不満だが急な話なので仕方ない。各種エフェクトを乱用したうざいプレゼンができあがった。
と言うことで明日はMacBook Airの学校デビューである。

|

« 壊れる | トップページ | MacBook Airでプレゼン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壊れる | トップページ | MacBook Airでプレゼン »