« 雪の後遺症 | トップページ | 鴨南蛮 »

2008.02.05

感染性胃腸炎とは

今流行りの嘔吐下痢症、ほとんどはウイルスによる感染性胃腸炎である。原因ウイルスは様々だが、多いのはロタウイルス、ノロウイルスあたりだろう。年齢や症状である程度区別は出来るが、はっきりとものをいうにはウイルス検査が必要。

最近、ノロウイルスと診断されたという話をよく聞く。前日にウイルス性胃腸炎と診断してそのように説明した患者さんから電話がある。保育園でノロウイルスが出たという連絡を受けたという。うちの子はこのままで大丈夫だろうか、と。話は伝聞になるので断言は出来ないが、別の保育園児のノロウイルスという診断、まず検査した上での診断ではないだろう。ノロウイルスの検査は保険では出来ないので通常の外来ではまず行わない。ノロウイルスかも知れませんな、という話が、ノロウイルスと診断された!になり、何?ノロウイルス、それは大変皆さんに連絡しなくては、となったのだと思う。
ウイルス性胃腸炎です、とか、今流行っている嘔吐下痢症ですという説明では、ああそうですかだったのがノロウイルスと聞くとこれは大変という話になる。どうも世間のノロウイルスのイメージは過大なもののようだ。ついでにこの電話のケースを推定すれば、考えられるウイルスは年齢や症状からロタウイルスの可能性の方が高い。乳幼児の胃腸炎ではロタウイルスの方がノロウイルスよりずっと重症。保育園などではロタウイルスによる胃腸炎の集団発生はしょっちゅうだがこれは報道されることがない。ノロウイルスが出ると何故か新聞に出る。おかしな話だ。
感染性胃腸炎の乳児が再診で来る。嘔吐はおさまったが下痢は続いている。
お母さんは、夫がひょっとしてノロウイルスなんじゃないかと心配しているという。
最初に言ったと思うけど、これはロタウイルスの胃腸炎だと思いますよ。
ああ、それならよかったです。
いや、違うって・・・
と、こういうちぐはぐな会話がこのところとても多いのである。
ご納得いただくために保険診療で出来る便中ロタウイルスの検査をすることもある。これは手間がかかるのでみんなにやるのは大変。なんとか説明だけでうまく理解していただかないと。

|

« 雪の後遺症 | トップページ | 鴨南蛮 »

コメント

初めまして、チカママと申します。

先週末だったでしょうか、確かマラソン経由だったような気がしますが、色々クリックしていたら、こちらにたどり着きまして、記事を読ませて頂いています。

ノロウィルスは調べたとしてもすぐには分からないと聞いていますが、今高1の長男が幼稚園の頃から嘔吐や下痢の症状が続くことはありましたけれど、その頃はノロなんて言葉はなかったと記憶しています。

一晩中嘔吐が続いて、どうかなってしまうのではないかと、不安な夜を過ごしたことを思い出します。
長男はよく熱を出していました。
夜中、主人が仕事で帰らず、40度の熱で真っ赤な顔をした長男を抱っこして自分も泣いていたこと、実家の母がかけつけてくれて、私も同じような思いをしたことがあるわ、と言っていたこと。
もうすっかり大きく成長して熱を出すことも殆どありませんが、中1の次男に比べるとやはり風邪はよく引きます。

外はまた雪になっています。
道中お気をつけ下さいね。

投稿: チカママ | 2008.02.06 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の後遺症 | トップページ | 鴨南蛮 »