« 今季一番の混雑 | トップページ | 忘年会 »

2007.12.18

天皇杯サッカー

Jリーグも終わり、クラブワールドカップも終わりで(あんまり関係なかったけど)、残るは天皇杯だけとなった。フロンターレはベスト8に勝ち残っている。そこで問題なのは今後の日程が私にとって微妙なところである。

準々決勝、対愛媛FC 戦。これは埼玉スタジアムで23日(日)13時キックオフ。この日は奈良に帰る予定にしているのだが、試合終了後埼玉から奈良までということになると速攻で行っても着くのは8時ごろ。まさかとは思うが、延長PK戦なんて事になったらもっと遅くなる。相手は世界3位の浦和にも勝っているわけで、侮ってはいけない。でも、暗くなってから無人の実家に帰るのは正直怖い。できれば日のあるうちにたどり着きたい。
愛媛には悪いけれど順当勝ちして準決勝に進んだとする。たぶん出てくるのは鹿島。鹿島の今期終盤の追い込みはすごかった。フロンターレは今季緒戦のホームでは1:0で勝っているのだが、これは相手の調子が最低の時。後半のアウェイでは完敗している。この試合は12月29日(土)国立競技場15時キックオフ。
29日は今年最後の診療日。土曜日なので午前中で終わりなのだがここは延長戦必至。そこからスタッフと昼食をとって、さあ大掃除という段取りになっている。大掃除をパスして院長一人だけ、ほな、サイナラ、ができるかどうか。これは、今から根回しをしておけば何とかなるかも・・・
そこで、勝ったとしよう。そうなると元旦の国立競技場での決勝戦。ここまでくればもうなんと言っても行く。決勝戦はいつも満員だったように思うのだが、チケットはいつ手に入れておくべきなのだろう。すでに販売はされているのだが。

|

« 今季一番の混雑 | トップページ | 忘年会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今季一番の混雑 | トップページ | 忘年会 »