« インフルエンザワクチンも終盤 | トップページ | 踵が・・・ »

2007.12.12

光電話

このところしょっちゅう「光電話」にしませんかという勧誘の電話がかかってくる。この手の電話サービスの「お得ですよ」は何となくうさんくさい感じがして、警戒してきた。ちょっと前の「平成電電」なんかはシカトしていて正解だったわけだし。

先日、ついうっかり受付にかかってきた「光電話」の勧誘を回していいよと言って取ってしまった。NTTのBフレッツを使っていて、電話とファックスの回線を別契約にしているのは損ですよと言う。「光電話」にすれば基本料金は安くなるという。勧誘してきたのはNTTではなくサードパーティの電話会社である。せっかく高い基本料金を受け取っているNTTがしつこく勧誘してくるはずはないわな。ただし、この会社の「光電話」サービスを契約するとルーターだけでなく電話機も交換になってレンタル料を払うことになるそうだ。
「検討します」と言うことで電話を切った。
調べてみた。「光電話」というのは光回線を利用したIP電話。電話機の機能としては電話番号などこれまでの固定電話と全く同じように使える。ちなみにNTTがやっているのは「ひかり電話」という。
NTTに問い合わせてみる。現在クリニックで使っている電話はISDN2本の4回線。1本は電話予約にもう1本は電話とファックスに使っている。ところが家庭用の「ひかり電話」では電話回線は2回線しか使えない。4回線使うとなると「オフィスタイプ」の契約が必要らしい。こちらは基本料金が割高なのだがそれでもISDN2本の基本料金よりは安くなると言う。
とりあえず、ここは乗り換えた方が得らしい、という結論に達した。
ターミナルアダプタも要らなくなるし、配線まわりもスッキリするだろう。

|

« インフルエンザワクチンも終盤 | トップページ | 踵が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インフルエンザワクチンも終盤 | トップページ | 踵が・・・ »