« 年賀状 | トップページ | 日帰りスキー »

2007.12.29

本年の営業終了

2007年の診療は今日の午前中で終了。最後は駆け込みの重症が何名か。RS ウイルス感染で調子悪い子が2名。うち一人は酸素飽和度も少し低いので入院をお願いする。最後から2人目が感染性胃腸炎の低血糖。様子からは飲めないはずがないのにと思いながらも仕方なく点滴をする。点滴を入れたら届いた出前の鴨南そばをささっと食べる。すでに相当のびている。看護師の二人はすぐに食べられなかったのでかなり悲惨な鍋焼きうどんを食べていた。お気の毒様。

点滴の患者さんを処置室に寝かせて、まわりから大掃除が始まる。今年は新加入のYさんが大掃除計画書のチェックシートを作って非常にシステマチックである。院長は院長エリアだけが担当で他の所には手を出さない。事務はレセプト作業をしながら受付まわりの掃除。カーテンの洗濯などはすでに終わっている。
さて、院長室の書類の整理。20年ほど前から書類の整理は野口先生の「超整理法」を実践している。この整理法はとにかく書類の分類という行為を一切やめてただ時系列で古いものから純に並べていく。いったん見たり使ったりした書類は一番新しいところに戻す。こうしていくと古いが一度も手に取ることもなかった書類が右の方に溜まってくる。年に一度くらい右端の古い書類で何年も手に取らなかった書類はこれからも手に取る可能性は限りなくゼロなので捨ててしまう。一度も手にしなくても非常に大事と判断したものは神様ファイルとしてそのまま鎮座する。
考えてみるとここ何年もこの整理をしていなかった。書棚の列は一杯になり、あふれた書類はデスクの上に何層にも積み重なり、書類の日付から地層の年代が推定できるようになってきた。ここは思い切って書類の整理をしなくてはいけない。神様ファイルなどそうそうあるものではない。書棚の整理に聖域なしである。次から次へ片っ端から捨てる。
テレビで天皇杯準決勝フロンターレvsアントラーズを観戦しながらの作業。これで作業がはかどるはずがない。なかなか点が取れないのでいらいらしながら、だんだんやけくそになって、これも要らない、これも要らない、えーい全部要らんわ。そういうながらでやけくその応援態度が国立競技場に伝わったのだろうか。本山の交通事故みたいなボレー一発にやられてしまった。チャンスはフロンターレの方が多かったのに、最後の詰めができない。等々力でのセパハン戦、ナビスコ決勝ガンバ戦、そして今日のアントラーズ戦。チャンスはあるのにどうして入らない、といういらいらは同じ。タイムアップのホイッスルに脱力して、紙ゴミの山の中で滂沱。
フロンターレもこれで今年の試合は終了。お疲れ様。よくやったと思う。こちらも大掃除が終わってお疲れ様。元旦の決勝戦はワインを飲んで半分寝ながらの観戦となるだろう。国立競技場なんてどうせ寒いんだし、家で寝てる方がずっといいやい。

|

« 年賀状 | トップページ | 日帰りスキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年賀状 | トップページ | 日帰りスキー »