« 賞味期限 | トップページ | 連休明けと小児急病センター »

2007.12.24

無常

無人の実家にもひっそりと時間は流れている。延びすぎたユーカリの木は隣家を浸食し、裏庭の雑草は擁壁を越えて茂り、立ち枯れている。

家の空気が入れかわるのは1ヶ月に一度くらい。家の中のいろんなものが少しずつ朽ちていく。湯沸かしが作動しないので台所と浴室でお湯が出ない。浴槽は別系統なのでこちらは風呂を沸かす事はできる。ADSLが繋がらない。もともと基地局が遠いので速度は極端に遅かったの だが今回はモデムのグリーンのランプが消えたまま。
ところが不思議なことに何度か再起動を繰り返して放っておくといつの間にかグリーンのランプが点灯して繋がっている。遅いことにはかわりはない。湯沸かしも一夜明けるとあら不思議、ちゃんとお湯が出る。何か、「家」のシステムが使われないことで錆び付いているという感じである。いつか完全に錆び付いて動かなくなる日が来るだろう。それもそう遠くない日に。
NinjinNakatanido 帰りは奈良市内を散歩して京都に向かう。
高校3年の頃にできて今もそのままで営業しているジャズ喫茶「黄いろいにんじん」。たまに立ち寄ってあの頃とほとんど風貌が変わらないマスターとお話をするのだが、今日は珍しく臨時休業。昔と同じ店が昔と同じように店を開けているということじたいが奇跡。変わらないでいることにはそれなりの努力が必要だが、そのために少しずつ変わっているのも事実である。
三条通と餅飯殿通りの角は昔はおもちゃ屋さんだった。それがいつの間にかつきたての餅を売るお餅やさんになっている。大変繁盛しているもよう。こちらは「黄いろいにんじん」よりずっと新しいのだが、もう何十年もこの地でやってますといった風情。
餅屋の隣の書店はとっくの昔になくなっているし、お好み焼き屋ももうない。 

|

« 賞味期限 | トップページ | 連休明けと小児急病センター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 賞味期限 | トップページ | 連休明けと小児急病センター »