« インフルエンザワクチン接種枠延長 | トップページ | 後遺症にもめげず »

2007.11.18

多摩川ハーフマラソン

20km以上走るのは4月のかすみがうらマラソン以来。遅ればせながら秋のマラソンシーズンに参戦というわけ。ここ2週間続けてきた早朝ランの効果はいかにというところだが、あまり期待はできない。とりあえず歩かないでゴールしよう。

カミさんにスタート地点まで車で送ってもらう。ちょうど20分。楽ちんである。こういう根性が今日の堕落を招いているという意見には同意せざるをえないが、ほっとくとドタキャンしかねないのでこういう事も必要。
一緒に走る予定だったNさんから早朝にメールが入っていた。前日の野球で風邪を引いてダウンとのこと。お大事に。これでレース後のセメント通り焼肉作戦は白紙か、ちと残念。
スタート前に懐かしの黄色のTシャツ姿のMさんと遭遇する。子どもができてからは余り走っていないようだが、フルからウルトラまでこなす快足ママ。ダンナと子どもはゴールする頃に来るそうだ。2時間はかかりそうと言っていたが、折り返しですれ違った位置から考えて1時間40分そこそこでゴールしたんじゃないかな。昔は同じくらいの走力だっただけに、ちとこちらの落ち込みの大きさに落胆する。
レースの方はとにかく歩かず完走というつつましい目標でキロ6分ペースを目指す。ところが、距離表示がおかしいので全然ペースを計算できない。二子橋の先が工事中なので折り返し地点が下流に下がった。その分下流側の折り返し点が多摩川大橋の方に移動したコース設定になっている。トータルの距離はハーフマラソンでいいのだろうが、距離表示のポイントを再計測していないに違いない。二子橋の折り返しから距離はおかしい感じ。17−18kmなんてキロ5分ちょいで走っている勘定で、そんなはずはない。しかも18kmから先は「あと1km」まで表示がない。この18km表示の先が長い。とても3kmちょっととは思えない。ヨレヨレになっているオジサンにはシャレにもならない。そうでなくても距離合わせのためゴール地点を横目に先まで行って折り返すというのはとても辛いのに。
とは言え、ゴールまで歩かず、止まらず。久しぶりにハーフマラソン完走。タイムはぎりぎりキロ6分を越えてしまったが、さしたるトラブルもなく帰ってきたのでよしとしよう。

|

« インフルエンザワクチン接種枠延長 | トップページ | 後遺症にもめげず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インフルエンザワクチン接種枠延長 | トップページ | 後遺症にもめげず »