« 臨床データの集計 | トップページ | インフルエンザ2号 »

2007.11.08

今月のお当番

急病センターの準夜当番に出動する。今月はもう一度休日の日勤当番もある。やれやれ。
午後の診療の締め切りが6時なのでそれが終わって大急ぎで多摩区役所の中の小児急病センターへ。朝9時からクリニックの外来を始めて夜の11時まで。これが全部がとぎれなしならパンクだが、11月だというのに今年は結構ヒマである。忙しいのはインフルエンザワクチン接種の時だけ。

急病センターに着いたとたんにネット予約システムを管理してもらっているKさんから電話が入る。電話予約システムとの連携に異常が起きてシステムが停止しているという。今日のトラブルは電話予約システムを再起動しないと直らないらしい。急病センターはこれからだし、11時に終わったらクリニックに戻って再起動をかけることにする。電話予約システムは外からリモートコントロールできる仕様になっていない。
急病センターはヒマ。診療記録を見ると、このところ準夜も深夜も患者数一ケタの日々が続いている。今夜も一ケタだろう。おう吐・下痢、熱、水痘、今のところこれだけ。インフルエンザが出始めているのだが、まだ夜中に押しかけるような状況にはなっていない。それに、例年のような「熱が出た、インフルエンザかもしれない、急いで検査してタミフルを飲まなくては!」という行動パターンが副作用騒ぎでぐっと減ってくるはず。これは副作用騒ぎの歓迎すべき副作用だ。
平和な急病センターでMacOS XLeopardにアップデートしたばかりのMacBookで入力中。今のところアップデートしたためのトラブルには遭遇していない。BootCampも正常に作動してWindowsも起動する。WillcomのPHS で一応ネットにもつながる。128kは遅いけれど・・・

|

« 臨床データの集計 | トップページ | インフルエンザ2号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 臨床データの集計 | トップページ | インフルエンザ2号 »