« 松葉ガニ | トップページ | 朝に走る »

2007.11.14

ACL決勝戦

午後のインフルエンザワクチン特別枠が終わると外はもう真っ暗。もう随分接種したつもりなのだがまだ予定の半分も行かない。日暮れて道遠しである。それでもふだんの平日よりは早く帰れるので、ACL決勝レッズ対セパハン戦が始まるまでに1時間ほど走る。

もしフロンターレがセパハンに勝ってそのまま決勝まで来たら8日間の間にJリーグの1試合をはさんで対レッズ戦3連戦となったはず。そうなったら一体どうしたんだろう。まあ、今更そんなことを言っても始まらないけど。
決勝戦はさすがにレッズのホーム。6万人の真っ赤っかのスタジアムになっている。先日おせっかいな心配をした雰囲気の悪さはないようだ。まあ、監督もワシントンも大人ってことだ。永井のきれいな右足からのシュートで1点目。これでほぼ勝負あり。後半もワシントンから永井のシュート、こぼれたところを阿部が頭で押し込む。前がかりになったセパハンにかなり押し込まれて危ない場面もあったが、何とか逃げ切った。完勝と言っていい。
これでJリーグの2位3位が来年のACL に出られることになったが、フロンターレはもう届かない。残念。

|

« 松葉ガニ | トップページ | 朝に走る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松葉ガニ | トップページ | 朝に走る »